新幹線総合車両センター一般見学に行こう!

おすすめプラン

※本記事は2023年4月にお邪魔した際の感想です。新型コロナウイルス対策の状況によって見学ブースが変更となる可能性がありますのでご注意ください。

皆さんの中には、宮城県利府町にある【新幹線総合車両センター】に行って新幹線を子供に見せてあげたいと思ったことはありませんか?
そんな時に参考になる情報をまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

新幹線総合車両センターとは?

まず【新幹線総合車両センター】についてご説明します!

【新幹線総合車両センター】は、JR東日本が所有する新幹線の整備や点検をする場所になります。
整備や点検にはいろんな種類がありますが、自動車で言うところの定期点検や車検を行なう場所と思ってもらって構いません!
車のディーラーに行けば、いろんな車が置いてありますよね?
【新幹線総合車両センター】にもいろんな新幹線が留置されています!

しかしここで勘違いをしてはいけない問題があります!

それは、普段走っている車両を間近で見学することはできないことです!

パパ鉄
パパ鉄

【はやぶさ】や【やまびこ】、【East-i(イーストアイ)】や【ALFA-X(アルファエックス)】を間近で見れるんじゃないの?
それじゃ何を見学に行くの?

はっきり申し上げますと、新幹線に興味を持ったばかりのお子様には楽しめるポイントが少ないと思います...

しかし、JR東日本が過去に走らせていた新幹線の車内に入ることができたりしますので、少し新幹線について理解してきたかなぁ...ぐらいのタイミングで行かれるのが良いと思います。

新幹線総合車両センターで一般見学するには?

ここでは、「一般見学」についてご説明いたします!
「一般見学」の他に、毎年秋頃開催される「新幹線総合車両センター基地ツアー」がありますが、そちらにつきましては後日別記事でご紹介したいと思います!

(2023年4月現在)

新型コロナウイルスも多少は落ち着き、現在はどなたでも見学は可能になっております!
コロナ禍では宮城県在住の方のみでしたが...

また見学可能な時間帯ですが、9時00分~16時00分までとなっております!
最終受付は15時30分ですのでご注意ください...

休館日についてですが...月毎に変更があったりしますので、見学に行かれる際は一度電話で問い合わせてみるのが良いと思います!

新幹線総合車両センターPRセンター
電話:0223-56-5263

なお、駐車台数に限りがありますので、見学者上限数は駐車可能台数となっているみたいです!
(ざっくりですが10台程度?)

新幹線総合車両センターの見学者入口は下記地図のポイントあたりになりますのでご注意ください!

新幹線総合車両センターで間近に見れる車両たち

  • 200系新幹線
  • STAR21(スター21)

正直に言います...
この段階で「?」であれば、楽しさは半減するかもしれません...。
200系新幹線は、東北新幹線開業当初に走っていた車両になります!
YOUTUBEなどで少し動画をお子様に見せて、予習してから見学に行かれることをおススメします!

↓200系新幹線

こちらの200系新幹線は、車内見学が可能になっております!
運転席や客席部分に実際に乗って触ることができます!
新幹線の運転席に乗車して、各種レバーやスイッチを触れるのは貴重な体験ですね!
我が家で運転席を見学した際は、10分程離れませんでした...(笑)

また、客席部分に移動してみるとどこかで見たことがあるような黄色いシートが...
秋田在住の方なら分かるかもしれませんが、写真はあえて伏せておきたいと思います!(実際に行ってみてのお楽しみということで)

↓STAR21(スター21)

こちらの新幹線はマニアックすぎて分からない方も多いと思います。
現在この新幹線がおもちゃになったり、図鑑なんかに登場することはありませんのでなかなか難しいと思います...。

このSTAR21ですが、簡単に説明すると【昔のALFA-X(アルファエックス)】と言ってもいいのではないでしょうか?
更に簡単に説明すると【E2系やまびこ】を生み出すために開発された試験車両といっても過言ではありません。

STAR21の車内に立ち入ることが出来ませんが、先頭車両の側面には当時の最高速度を記録した文字が記されています。
ぜひ写真に収めてみてはいかがでしょうか?

新幹線総合車両センター建物内での見学

次に新幹線総合車両センターの建物内で見学できるブースを紹介します!
...が!
コロナ禍前とはかなり違うようですので、以前訪問された方はご注意ください。

  • プラレールは見学のみ
  • ミニチュア新幹線に乗って記念撮影
  • 駅員さんの制服やヘルメットで記念撮影
  • 各種車両の説明ポスター見学

以上になります!
他の方のブログで詳しくコロナ禍前の見学内容が書かれておりますが、とてもうらやましく思いました...(泣)

いろいろと写真撮影をしてきましたが、ここで全ての写真をアップしてしまうと、実際に見学に行ってからの楽しみが0になってしまうので、やめておきます(泣)

我が家では建物内の見学は10分程でした...。
小さいお子様にとっては少し厳しいかもしれません...。

一般見学の前に訪れておきたい場所

このポイントで示した道路からですと、解体線に留置されている車両が遠目で見れたりします。

その時々で留置されている車両が違いますので、車でぶらっと通りすがってみるのも良いかもしれません。

しかし!!
以前にもお伝えしましたが、「害悪撮り鉄」にならないように注意してください!
新幹線総合車両センターの裏は田んぼになっております。
勝手に田んぼに立ち入ったり、農家の方々の迷惑となるような駐車や行動はなさらないようご注意ください。

正直な感想

このブログの最初の方でもお伝えしましたが、この時期に見学に行かれるのは少し厳しいかもしれません。
新型コロナウイルスの影響で、一時期は宮城県在住でなければ見学できない状況だったため、ようやく一般見学に行ったのですが...(泣)

もう少し新型コロナウイルスに対して、世の中の関心が薄れてきたら、また行きたいと思います!

まず行ってみたい!という方は、新利府イオンにお買い物ついでに行かれるのも良いかと思います!
むしろそれぐらいの気持ちで...

コメント

タイトルとURLをコピーしました